2020年の議員活動

議会での発言や提案については、<議会質問・討論・意見書>のページにも掲載しています

2020・7・4豪雨災害特設ページ

(2020年の活動のダイジェストです)

被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます


 7月4日未明から、これまで経験したことのない豪雨が県南地域をはじめ県内各地を襲いました。災害により亡くなられた方々に心からのお悔やみを、そして被災された皆様にお見舞いを申し上げます。
 私たちは、4日午後からただちに調査団をつくり、分担して連日県内各地の被災地に足を運び、被災地の現状を目の当たりにしてきました。あまりの惨状に言葉を失うとともに、被災された皆さんからのつらいお話に胸が押しつぶされそうな思いでした。行政に対応が求められる内容については逐一、国・県・市町村にお伝えしています。今後とも引き続き、被災地・被災された方々の苦難軽減に多少なりとも役立つことができるよう、今後も奮闘していく決意です。
 このページでは、私たちの活動を紹介させていただくとともに、皆さんの生活再建に役立ちそうな情報を紹介していきたいと思います。

7月17日、志位和夫日本共産党委員長が人吉市、球磨村を視察

7月17日、志位和夫日本共産党委員長が人吉市、球磨村を視察し、蒲島知事、松岡人吉市長、松谷球磨村長とそれぞれ面会し、義援金(県と人吉市300万円、球磨村200万円)をお渡ししました。

<山本のぶひろ活動日誌>
 7月4日 八代市、人吉市の被災地に現地入り。橋本徳一郎八代市議と行動。
 5日 人吉市に田村貴昭衆院議員、真島省三前衆院議員、仁比そうへい前参院議員、本村令斗、塩見寿子人吉市議、高岡朱美水俣市議、橋田よしあき県書記長らと行動。
 8日 熊本県防災センター、危機管理防災課を訪問。現地調査メモを届ける。
 9日 人吉市に入り真島省三前衆院議員、塩見寿子、本村令斗人吉市議、上野みえこ熊本市議らと行動。
  第二回目の現地調査メモを県危機管理防災課に提出(添付)。
 10日 天草市に入り浜崎義明天草市議らと行動
 11日 人吉市に入り山添拓参院議員、本村令斗、塩見寿子人吉市議らと行動。
 12日 人吉市、球磨村に入り藤野保史衆院議員、山添拓参院議員、田村貴昭衆院議員、塩見寿子人吉市議らと行動。
 15日 日本共産党県委員会としての要望書を県知事あてに提出。

蒲島知事あてに7月4日熊本豪雨災害に関する要望書を提出しました

 この間日本共産党調査団として被災地に入り、実態を掌握してきたことをふまえ、15日、蒲島知事あてに要望書を提出しました。熊本県危機管理防災課にお届けし、忙しい中、課長に対応していただきました。橋田よしあき県書記長、上野美恵子県常任委員(熊本市議)と山本が参加しました。
 全文はこちらを覧ください。
 7月4日熊本豪雨災害に関する申し入れ蒲島知事あての要望書
印刷用PDFをダウンロードするには、ここをクリック(4348KB)
 コロナ禍から何とか立ち上がろうと努力していた中での豪雨災害に、被災地と被災者は心が折れそうなほどの幾多の困難に直面しています。日本共産党も国会調査団が連日現地入りし、地元党組織、地方議員が総力をあげて支援活動に取り組むとともに、声をかけ合ってボランティアの輪を広げています。被災された皆様の苦難軽減に少しでも貢献できるよう頑張っていきたいと思います。


志位和夫日本共産党委員長が人吉市の被害状況を視察(7月17日 人吉市)
多くの方が亡くなられた球磨村の千寿園を訪れ黙とう(7月17日 球磨村)
蒲島郁夫熊本県知事と面会し、義援金を渡しました(7月17日)
豪雨被害発生した日に橋本徳一郎八代市議と行動(7月4日 八代市)

橋本徳一郎八代市議と、八代市の浸水地帯を調査(7月4日)

水害で被災した球磨川下り発船場の被害状況を調査(7月5日 人吉市)

一階天井まで浸水した家屋を視察(7月5日人吉市)

天草市牛深で、被害状況を浜崎義昭市議と調査(7月10日)

天草市河浦で、道路の崩落地を蓑田庸子地区委員長と調査

球磨村渡地区で被害実態を調査

球磨村の災害対策本部を訪ね、球磨村長からお話を伺う

日本共産党県委員会としての要望書を県知事あてに提出(7月15日)